慢性、急性と劇症

診察緊急を要する場合とそうでない場合、病気にはそれら二つの種類がありますが、どちらであってもその症状がどのような意味を持っているのかを判別しない限りどのくらい重い病気であるのかを判別することはできません。肝炎の場合、その症状の種類が極端に低い、または高い場合が予測されます。基本的に肝炎ウイルスがもたらす影響というのは体の中でも栄養分を吸収しておいたりする役割を持っている肝臓という部位です。肝炎ウイルスに感染した場合その肝臓に関して機能低下が見られ、それに伴って様々な症状が見られることがあります。

その症状は固定化されておらず、いわゆる『慢性』型のもの、『急性』型のもの、そして『劇症』型のものがあります。これらの症状によって、将来的な影響力も左右され、それによって人体の生命も左右されることがあります。慢性型や急性型の症状に比べて、いわゆる『劇症』型の症状は、大変危険な状況であることを表しています。コンピュータがウイルスをチェックする場合それが重度なものであればあるほど早急にそのウイルスを消去しそして感染経路を絶つ必要があります。肝炎の場合も同様、もしそのウイルスによる影響が見られ、その症状が重度の物であれば、すぐに治療を行う必要があります。