症状への気付き

医者『○○型』と言う表現が良くメディアで用いられていますが、それは様々な感染症の際に用いられるものであり特定の病気だけで用いられているものではありません。私達はその種類を聞いてもそれらを完全に判別することはできず、個別の違いを完全に理解することはできません。ですからそれを客観的に判断してくれる医者に診てもらう必要があるのです。さて、いわゆる『厄介』なウイルスともいえる『B型肝炎』に関しても、同様に私達は何よりも早くコンピュータが行うような『ウイルスチェック』を行う必要性がありそれに迫られていると言えます。コンピュータが行うウイルスチェックにはいわゆる漏れがほとんどないのと同様に医者によるウイルスチェックもほぼ漏れがありません。しかし、人間の場合自分でそれを実行できないためやはり外部からの診察頼みになります。

なぜB型肝炎で感染後早急にウイルスチェックが必要となるのか、それはこの感染症が持ち合わせている特有の症状に関係があります。風邪やインフルエンザなどの場合それが極端な形で現れることもありますが現れないこともあります。同様に肝炎も、その症状が少ない場合と極端な形で現れることがあります。そして私達はその違いだけは判別することはできます。