早急な治療を

女性人間の体はコンピュータではありません。似ていて異なるもの、と言う言い方ができますが、私達人間は、自分の体を『スキャンしたつもりになっていても、実際は何一つ判別することができません』。例えば、私たちが、『自分が風邪をひいた』と言うことを理解した時、どの地点にいるでしょうか。『感染した直後』でしょうか。それとも、『感染してしばらく経過した』時でしょうか。その両者とも誤りです。正確には、それは『誰にも計算、測定することはできない』と言えます。風邪の菌に感染した場合私達がそれを風邪の菌だと判別…いえ予測した時はすでに菌が体の中で動き回っている、いわば悪影響を及ぼしているその時であり、正確には私達は『風邪をひいた』と表現するときよりもずっと前に『風邪になっている』と言えます。これからも分かる通り、私達は自分で思っている以上に、自分の体の状態を正確に判別することはできないからです。

しかし、体はサインを発する場合があります。それは時に、小さい針で体の鈍い部分を指されるような小さいものである場合がありますが、私達はそれに気づくことによって、より自分たちの体の状態に『気付く』ことができます。それによって、命を失うことを避けられます。

慢性、急性と劇症

診察緊急を要する場合とそうでない場合、病気にはそれら二つの種類がありますが、どちらであってもその症状がどのような意味を持っているのかを判別しない限りどのくらい重い病気であるのかを判別することはできません。肝炎の場合、その症状の種類が極端に低い、または高い場合が予測されます。基本的に肝炎ウイルスがもたらす影響というのは体の中でも栄養分を吸収しておいたりする役割を持っている肝臓という部位です。肝炎ウイルスに感染した場合その肝臓に関して機能低下が見られ、それに伴って様々な症状が見られることがあります。

その症状は固定化されておらず、いわゆる『慢性』型のもの、『急性』型のもの、そして『劇症』型のものがあります。これらの症状によって、将来的な影響力も左右され、それによって人体の生命も左右されることがあります。慢性型や急性型の症状に比べて、いわゆる『劇症』型の症状は、大変危険な状況であることを表しています。コンピュータがウイルスをチェックする場合それが重度なものであればあるほど早急にそのウイルスを消去しそして感染経路を絶つ必要があります。肝炎の場合も同様、もしそのウイルスによる影響が見られ、その症状が重度の物であれば、すぐに治療を行う必要があります。

症状への気付き

医者『○○型』と言う表現が良くメディアで用いられていますが、それは様々な感染症の際に用いられるものであり特定の病気だけで用いられているものではありません。私達はその種類を聞いてもそれらを完全に判別することはできず、個別の違いを完全に理解することはできません。ですからそれを客観的に判断してくれる医者に診てもらう必要があるのです。さて、いわゆる『厄介』なウイルスともいえる『B型肝炎』に関しても、同様に私達は何よりも早くコンピュータが行うような『ウイルスチェック』を行う必要性がありそれに迫られていると言えます。コンピュータが行うウイルスチェックにはいわゆる漏れがほとんどないのと同様に医者によるウイルスチェックもほぼ漏れがありません。しかし、人間の場合自分でそれを実行できないためやはり外部からの診察頼みになります。

なぜB型肝炎で感染後早急にウイルスチェックが必要となるのか、それはこの感染症が持ち合わせている特有の症状に関係があります。風邪やインフルエンザなどの場合それが極端な形で現れることもありますが現れないこともあります。同様に肝炎も、その症状が少ない場合と極端な形で現れることがあります。そして私達はその違いだけは判別することはできます。

B型肝炎のリスク

私達は自分の体調を自分ではほとんど完璧に管理していると思っていても実際は誰も自分の体を100%完全に管理している人はいません。自分の体調が100%であり、完全であることなど誰にも計算できないはずだからです。というのは私達は自分たちが経験しているこの事態、たとえ自分が何らかのウイルスに感染したとしても、それを『自動的に』気付くということはほぼ不可能なのです。もしそれができれば誰もが『手遅れ』になるような事態は避けられてるはずですが、それが誰もできないのは私達は自分たちの体について客観的な判断を下してくれる医者というような存在にそれを無意識的に任せているからであると言えます。

コンピュータがウイルスに感染した際はそれを自動的に判別し除去することが可能ですが私たちの体はそれができないために、『どのくらいのラグで気付くか』ということが生きるために必要となります。私達が命の危険を伴う感染症の一つに『B型肝炎』があります。感染経路としては、注射器の共有・輸血や性交渉などでB型肝炎になる可能性があります。ただ、注射器の共有に関しては、今はありませんが集団予防接種で注射器を使いまわしし、B型肝炎になってしまったケースがあります。この場合は、国へ訴訟をすると給付金を受け取ることができます。他にも条件次第で給付金を受け取ることができますので、心あたりある方は弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。