B型肝炎のリスク

私達は自分の体調を自分ではほとんど完璧に管理していると思っていても実際は誰も自分の体を100%完全に管理している人はいません。自分の体調が100%であり、完全であることなど誰にも計算できないはずだからです。というのは私達は自分たちが経験しているこの事態、たとえ自分が何らかのウイルスに感染したとしても、それを『自動的に』気付くということはほぼ不可能なのです。もしそれができれば誰もが『手遅れ』になるような事態は避けられてるはずですが、それが誰もできないのは私達は自分たちの体について客観的な判断を下してくれる医者というような存在にそれを無意識的に任せているからであると言えます。

コンピュータがウイルスに感染した際はそれを自動的に判別し除去することが可能ですが私たちの体はそれができないために、『どのくらいのラグで気付くか』ということが生きるために必要となります。私達が命の危険を伴う感染症の一つに『B型肝炎』があります。感染経路としては、注射器の共有・輸血や性交渉などでB型肝炎になる可能性があります。ただ、注射器の共有に関しては、今はありませんが集団予防接種で注射器を使いまわしし、B型肝炎になってしまったケースがあります。この場合は、国へ訴訟をすると給付金を受け取ることができます。他にも条件次第で給付金を受け取ることができますので、心あたりある方は弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。